カラスノエンドウ


植物の形は、リズムに感動する。
中でもカラスノエンドウの葉っぱの、あの規則性が気持ち良くてお気に入り。

シュッとしてて張りのあるのや、柔らかそうで丸っこいのと、個性もバラバラ。
先にある蔓で互いに助け合って上に伸びるので、ちょっとしたジャングル状態です。
軽いのでフワフワ風に揺れてちょっと優雅だけど、密林。

じっと見てると、てんとう虫と蟻の追いかけっことか、割とスリリングな展開もあります。
私はナナホシテントウさんを応援しがちですが、大抵多勢のアリンコ達が勝つ。(追い払われる)

今は実のエンドウ豆がまだ若いので大丈夫ですが、しっかり種になってしまうと、近くでスケッチするのはちょっと怖いです。(予告なくハジケテくるので)(でもそれも面白い)

年始め

御年賀

今年は十二支の一番初めの年。
一番最初がちっちゃなネズミってところが何だかイイ。
新しいスタートが良い年になりますように。

陶器絵付け いろいろ

動物箸置き
ゴマアザラシ

箸置き色々
箸置き色々

土を捏ねてつくる丸みってなんであんなに愛おしくなるんでしょうか。
ちっちゃい頃から、泥団子でまん丸を作るのに夢中になったり、河原で丸い石を夢中で探したり、丸みって意味もなく惹かれる形。

陶器絵付け 椿と桐

椿のカップ
椿のカップ

桐のカップ
桐のカップ

粉引という白化粧の土をかけた温かみのある陶器に、藍色の染付けの色が意外にも合うなあと。
粉引はほんのり赤みのある斑点が出来るのも好きです。